着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

買取

祖母や母が持っていた大量の着物を上手に売る方法

投稿日:

着物を売ろうと思っている方に良くあるケースが祖母や母親が持っていた大量の着物をまとめて処分したいというケースです。

大正〜昭和初期ごろまでは着物はまだまだ普段着として良く着られていたため、30歳以上の方なら祖母、もしくは母が着物好きでたくさん所有している事は珍しくありません。

このページを見ている方は結婚を機に母から譲り受けたり、残念ながら本人が亡くなってしまって遺品として残ったものの特に着ることがないから売りたいといった方がきっと多いでしょう。

また最近では祖母が老人ホームに入ったのをキッカケに、数点のみ残して丸々処分したいといったケースも良く耳にします。

しかし、譲り受けたものとは心理的にも少し売りづらいものです。どの様にすれば後悔なく売れるのでしょうか?

売るのにためらいがある方は「委託販売」がおすすめ

売るのにためらいがある方は「委託販売」がおすすめです。委託販売とはお店に着物を渡して自分の代わりに売ってもらう方法です。

中には何百万円もする、「芸術作品」と言っても過言ではない着物もありますが、着物はやはり人に着てもらってこそ価値があります。

あなたが譲り受けた着物もタンスにしまわれているくらいなら、着物を愛する人の手に渡ったほうが幸せでしょう。

そのためには、「着物を大事に着てくれる人」に買ってもらいたいですよね?

委託販売は行なっている所も少ないですが、価格をはじめ、お店の方にどの様に売って欲しいかはある程度相談できます。

この様に自分が納得できる売り方で売るが1つの方法です。

大量にあるからとにかく手間を減らしたい方は「出張買取」がおすすめ

委託販売はどうしても手間がかかりますし、絶対に売れるとは限りません。とにかく手間をかけたくないという方もいるでしょう。

そんな方は「出張買取」を利用するべきです。

小物も含め大量の着物がある場合は店頭まで持っていくのはもちろん、ダンボールに詰めて宅配に出すだけで一苦労です。出張買取なら自宅まで鑑定士の方が査定に来てくれるので詰めたり、運んだりといった手間がかかりません。

古い着物 = 高く買い取ってもらえない着物ではありません

祖母が持っていた着物となるとかなり古いものが多いでしょう。しかし、着物は決して古いからといって高く買い取ってもらえないとは限りません

もともとが高額な有名な着物はもちろんですが、古い着物でも明治〜昭和初期にかけて作られていた着物は「アンティーク着物」として一部では非常に人気が高いです。

あくまで買い取り額を決めるのは「人気の高さ」なので、人気がある=高く売れるという事になります。

ただし、注意が必要なのはそこらへんのリサイクルショップに持ち込まない事です。

もちろんリサイクルショップだと値段が安い事も理由の1つですが、特に大量の着物がある場合に、さほど知識のないリサイクルショップに持っていくと「1kg100円」といった、重さで値段が決まるような買い取り方をされてしまいます。

譲り受けたものを、重さいくらで買い取られるのはさすがに誰でも嫌でしょう。

なので、ちゃんと1点1点丁寧に査定してくれる、買取専門店に査定をお願いするのが良いのです。

-買取

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.