着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

佐賀で着物を高く売る方法は?佐賀県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月28日 更新日:

佐賀県にある着物買取店一覧

きものや わ蔵

きものやわ蔵

きものや わ蔵は探しにある着物店です。九州県内なら無料で出張買取を行なってくれます。男装着物、子供着物、古布、はぎれや、明治、大正、昭和初期を中心としたアンティーク着物も買取大正です。

買い取った着物や帯、和装小物はヤフオクで販売しているので、近隣に住んでいない人でも購入が可能となっています。

買取方法 店頭買取
出張買取
住所 佐賀県佐賀市若宮1-18-3
電話番号 0952-20-9350
FAX -
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜・祝日・年末年始・GW・夏季
備考 -

佐賀県が産地の着物買取店の住所一覧

店舗名住所
リサイクルきものはんじょう屋佐賀県佐賀市大和町大字尼寺840−1
良品生活感佐賀県佐賀市高木瀬西1丁目5−10
ムックハウス 武雄店佐賀県武雄市武雄町大字永島15372-5
ながもち屋 佐賀玉屋 本館7階佐賀県佐賀市中の小路2-5

佐賀県が産地の織物・染物

佐賀錦(さがにしき)

佐賀錦

佐賀錦は佐賀県鹿島市が産地の織物で鹿島錦とも呼ばれます。

箔糸(金、銀、漆を貼った特製の和紙を細く裁断したもの)を経糸に、絹のより糸を先染めしたものを緯糸に使い丹念に織り上げます。
幾何学模様を綾織りと平織りで織り出す、網代(あじろ)、紗綾型(さやがた)、菱型などの伝統的な文様が気品のある華やかさを生み出します。

始まりは鹿島藩の藩主夫人が病で床に伏していた際に天井の網代組を見て考案したものであるという説や、京都から佐賀に嫁いだ女性が京都の紙遊び細工から網代組を織り出したという説など諸説あります。

明治初期に一度生産されなくなったものの、大隈重信夫人らにより再考されました。
現在では帯地に使われる事もありますが、その大半はカバンや財布など小物中心に生産が行われています。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.