着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

長野で着物を高く売る方法は?長野県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

長野県にある着物買取店一覧

店舗名住所
質店広田屋本店長野県長野市金井田112
質店広田屋松本店長野県松本市中央2-5-9
ガーデンパーティー質店広田屋長野県長野市南千歳1丁目17−3
中町きもの館長野県松本市中央2丁目5−15
リサイクル着物屋 着楽庵長野県飯田市鼎名古熊2000
きもの商会長野県松本市芳野1-6
たんす屋長野店長野県長野市北石堂町1429-1 ショッピングプラザagain 4F
おたから屋 佐久平店長野県佐久市岩村田1307-1 NTビル2階
おたから屋 上田海野町店長野県上田市中央2丁目5-10池田ビル1階
キングファミリー 長野高田店長野県長野市高田1764-3
良品買館 南松本店長野県松本市宮田2-7

長野県が産地の織物・染物

信州紬(しんしゅうつむぎ)

信州紬

長野県を産地とする紬全般の総称で、伝統工芸品の1つとして認定されています。

一口に信州紬と言っても生産される地域によってそれぞれ別々の名前がついており、「上田紬」「松本紬」「飯田紬」「伊那紬」「山繭紬」が存在し、特に上田紬が有名です。

長野には自然の染料が豊富に存在するため、それらを活かした草木染めや、他の産地ではあまりみられない「山繭」を利用する点などが大きな特徴と言えるでしょう。

上田紬とは?

上田は気候や風土が養蚕に適していて古くから養蚕業が盛んだったため、生糸にならないクズ繭から自分たち用に織り始めたのが上田紬の始まりです。

江戸時代には日本三大紬の一つになるなど、多くの人々に愛用されてきました。

別名三裏紬とも呼ばれ表地1枚につき裏地を3枚取り替えるため非常に丈夫で、江戸時代から続く伝統的な縞、格子柄が大きな特徴です。

当時、関ヶ原の合戦で名を馳せた真田家の活躍もあり、「真田も強いが上田(紬)も強い」との言葉とともに全国に広く普及したと言われています。

信州手描友禅(しんしゅうてがきゆうぜん)

信州手描友禅

信州手描友禅長野県が産地の染物です。

草木染めの手描きで行われる染物で、植物染料と媒染剤を混ぜて染料を作るのが特徴です。

城下町として栄えた松代藩では江戸との往来も多く、おまんの方様の興入りとともに同行した染物師・絵師や今日から呼び寄せた絵師により生み出されたと言われています。

長野県の伝統工芸品にも指定されており、現在でも友禅体験教室が行われるなど、伝統の継承に力が注がれています。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.