着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

三重で着物を高く売る方法は?三重県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

三重県にある着物買取店一覧

店舗名住所
紺文・きもの屋小町三重県四日市市鵜の森1丁目7−13
三重買取センター三重県津市藤方2534
たんす屋ユザワヤ四日市店三重県四日市市安島1-3-31 ララスクエア四日市4F
たんす屋by和楽白子店三重県鈴鹿市白子駅前9-20 サンズ2F
おたから屋 津新町駅前店三重県津市八町1丁目1-7
ベストフレンド松阪店三重県松阪市大黒田町308-24
ベストフレンド三重桑名駅前店三重県桑名市桑栄町2桑栄ビル1F
ベストフレンド伊勢店三重県伊勢市御薗町長屋702

三重県が産地の織物・染物

松阪木綿(まつさかもめん)

松阪もめん

松阪木綿は三重県松阪市が産地の木綿織物です。

三重県は福るから木綿織物が盛んで、かつては「神戸(かんべ)木綿」「市木木綿」「伊賀木綿」などが存在したが、現存しているのは松阪木綿と伊勢木綿だけになっています。

染色の方法は藍染めが基本で、縦縞の柄が特徴で、この柄は現在のベトナムにあたる安南から渡ってきた柳条布が起源だといわれています。

江戸に進出した松阪商人によって広められ人気を博し、江戸に店を構えた三井家(越後屋)などの商家が木綿問屋として繁盛していました。

当時の松阪には「織物の神様」として信仰を集めたお宮があり、京都西陣からも「衣服大祖」と参拝する人がいた程です。
この宮は元々、伊勢の大神宮にお供えする麻と絹を織るところで、正しくは「神麻続機殿(かんおみはたどの)」「神服織機殿(かんはとりはたどの)」と呼ばれていました。

現在、生産量がわずかになり後継者も少なくなっていますが、松阪木綿の継承・再興の活動が積極的に行われている他、「松阪もめん手織りセンター」では、機織り体験ができます。

伊勢型紙(いせかたがみ)

伊勢型紙

伊勢型紙三重県鈴鹿市で作られている型染め用の型紙です。

その芸術性は非常に評価が高く、着物の染め型として使われるのはもちろん、工芸品や家具に図面を描くのにも用いられています。

錐彫り・道具彫り・突彫り・縞彫りなど様々な彫り技術を用い、美濃和紙で出来た台紙に図面を掘ります。

この地方は特に原料となる和紙や柿渋が取れるわけではなく、その始まりも正確にはわかっていません。

しかし、江戸時代に紀州藩の奨励により大きく発展し、裃の柄を染めるための型として、武士の間で大流行しました。

1955年には6名の職人が重要無形文化財(人間国宝)の認定も受けており、人間業とは思えない程の緻密な柄は非常に価値が高い技術であると考えられています。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.