着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

岩手で着物を高く売る方法は?岩手県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

岩手県にある着物買取店一覧

店舗名住所
きものリサイクルまるたけ 盛岡サンサ店岩手県盛岡市津志田西2丁目17−50
ながもち屋岩手県盛岡市菜園1丁目10−1
エコ・ハウス岩手県盛岡市三本柳11地割15
リサイクルブティックエフとぴあ店岩手県遠野市新穀町1−11
買取専門店東京相場 リサイクルショップ盛岡店岩手県盛岡市中央通2丁目8−9
ながもち屋 川徳 5階岩手県盛岡市菜園1-10-1
おたから屋 盛岡夕顔瀬店岩手県盛岡市盛岡駅前北通7-10 1階

岩手県が産地の織物・染物

南部紫根染(なんぶしこんぞめ)

南部紫根染

南部紫根染め岩手県盛岡市が産地の草木染めです。

名前の通り紫草の根、紫根を使って紫色に染められているのが特徴です。

奈良時代には紫は高貴な色とされており、天皇や朝廷の役人しか身につける事は出来ませんでした。
その名残か今でも紫は品が高く、高級なイメージがあります。

歴史も古く鎌倉時代には既に全国に周知されており、江戸時代、南部信直公の盛岡治城以後、代々国産として保護奨励され、良質な自生の紫草根と、独自に発達した染技法や大桝・小桝・立桶の単純素朴な絞りにより「南部染め」と呼ばれるようになりました。

時代が流れ、南部藩の保護がなくなった影響もあり一度は職人が完全に途絶え、その伝統も幕を閉じました。

しかし、1916年に岩手県の働きかけもあり、藤田謙を主任技師として南部紫根染研究所が設けられ十数年の時をかけて復活を果たしました。

その復活は非常に偉大な功績と言え、平和記念東京博覧会で「南部紫根染研究所」が出品した紫根染が入賞した他、岩手出身の作家「宮沢賢治」も紫根染めを題材とした「紫紺染について」という作品を発表している程です。

南部紬(なんぶつむぎ)

南部紬

岩手県岩泉町、花泉町が産地の織物。

江戸時代に南部藩に保護・奨励され盛んに作られていた他、幕府への献上品にも選ばれ有名になりました。

元々は紫草や茜草を染料に用い先染めした糸を使って織る自然の風格を感じさせる素朴な織物でしたが、原料である紫草やあかね草の入手が難しくなったのに合わせて白無地のまま売られる事が多くなりました。

現在ではクルミ、キワダ他化学染料を使って着物からアンサンブル、帯なども生産されていますが職人の数が減り生産量もわずかとなってしまっています。

南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)

南部古代型染南部古代型染は岩手県が産地の染物です。

布地の上に糊置きをして染めるのが特徴で、型堀から染色、仕上げまでの一貫した工程を1ヶ所で行うことが多いです。

江戸時代には武士の裃や小袖を染めるのに使われていた他、着物はもちろん、帯やのれん、小物類など様々なものに応用されています。

寛永の時代に盛岡藩主が京都より染師の蛭子屋三衛門を招いたのが始まりと言われています。

元々は伊勢から取り寄せた物を型紙として用い、染めのみが行われていましたが、やがて独自の型紙も彫られるようになり、南部地方の紋である「向鶴」や蛭子屋縁の「千羽千鳥紋」、「南部萩」などの模様が染められる様になりました。

伊勢型紙よりも大ぶりで、花鳥風月を象った自然の美しい柄が特徴的です。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.