着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

北海道で着物を高く売る方法は?北海道の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

北海道にある着物買取店一覧

店舗名住所
きものギャラリーふくし北海道札幌市中央区北1条西2丁目
きも乃のいわや本郷通店北海道札幌市白石区本郷通9丁目南2−9
A-I Group39北海道旭川市大雪通6丁目502
青空リサイクル買取センター北海道札幌市豊平区水車町7丁目4−12
ハナプラスハナ北海道札幌市中央区南3条西4丁目
きもののきらくや北海道札幌市中央区北6条西11丁目25−2
古着屋王国 帯広南町北海道帯広市南町南8線68
きものリサイクルショップなか川北海道札幌市北区北29条西4丁目2−1
和服専門リサイクル市松北海道釧路町材木町1−7
たんす屋札幌店北海道札幌市中央区南4条西4丁目1ラフィラ4F
ながもち屋 東急百貨店 札幌店 5階北海道札幌市中央区北4条西2-1
おたから屋 札幌中央店北海道札幌市中央区南二条西4丁目丸福ビル1階
おたから屋 函館五稜郭店北海道函館市本町6番16号キングスランド五稜郭 1F
おたから屋 旭川豊岡店北海道旭川市豊岡7条1丁目2番9号
おたから屋 琴似店北海道札幌市西区琴似1条3丁目3‐12しなねん琴似ビル5階
おたから屋 苫小牧店北海道苫小牧市三光町2丁目23−13
おたから屋 南郷店北海道札幌市白石区南郷通4丁目北1−36
おたから屋 新さっぽろ駅前店北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目3番41号ニューグロービル4F
おたから屋 中島公園店北海道札幌市中央区南12条西6丁目1-35マイン中島公園
おたから屋 新琴似店北海道札幌市北区新琴似8条9-2-1
おたから屋 大通店北海道札幌市中央区大通西17丁目2-31アルファビル大通西17 2F-201
おたから屋 北野店北海道札幌市清田区北野3条3-1-8
おたから屋 宮の沢店北海道札幌市西区西町南19丁目1-18

北海道が産地の織物・染物

優佳良織(ゆうからおり)

優佳良織

旭川市が産地で、歴史は比較的新しく染色作家「木内綾」が生み出した染色工芸品です。
1960年頃から織りの試作が始められ、1962年に工房をオープンしました。

羊毛を染色し紡いだのち200色以上もの色を使い、その仕上がりは油絵のようであると評されています。
そして、これらすべての工程が手作業で行われるのも大きな特徴でしょう。
実際の代表的な作品テーマには「流氷」や「ナナカマド」、「摩周湖」「さんごそう」「ハマナス」など北海道の自然をテーマにしたものが多く存在します。

1960年頃から織りの試作が始められ、1962年に工房による生産が開始されました。
現在の漢字よる表記ではなく、当時は「ユーカラ織」(ユーカラはアイヌの叙事詩の総称)と表記されていましたが、1980年ごろに版画家である棟方志功の命名で「優佳良織」と改名されました。

旭川市の北海道伝統美術工芸村の中には優佳良織工芸館があり、優佳良織の展示、はた織体験が可能です。

また、工芸館の作品には和服だけではなく、洋服やバッグ、ストールの他に座布団や椅子の背もたれなども展示されており一部は購入することも可能になっています。

厚司織(あつしおり)

厚司織

厚司織北海道沙流郡平取町が産地のアイヌ民族の織物です。

元はアットゥシ、アッシ織とも呼ばれ、オヒョウと呼ばれる木の内皮の繊維をほぐして織られるのが特徴です。

やわらかく強靭で、刺繍で独特のアイヌの文様をほどこしているのが特徴的です。

衣服として作られる事はもちろん、火消しの頭巾や防火服、前掛けなどにも利用されていました。

また、筒袖の和服に似た形状をしていますが、男女ともに前を打ち合わせる長衣で細い帯で止めるなど細かい点でアイヌ独特の特徴が現れています。

友禅のような華やかな色彩のものは見受けられませんが、晴れ着には魔除けになると考えられている「アイヌ文様」が施されて入ることが多いです。

アイヌの織りの歴史は非常に古く、弥生時代から織具が使用されていたと言われていますが、ハッキリとした記録が残っているのは17世紀ごろからです。

18世紀後半には本州に大量に出回るようになり、東北地方や北陸地方など各地で反物や衣装として着られるようになった他、青森県の藍染木綿は厚司織に大きな影響を受けたと考えれれています。

現在でも厚司織は工芸品として作られており、二風谷アットゥシは北海道の工芸品としては初めて経済産業大臣指定伝統的工芸品にも追加されました。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.