着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

岐阜で着物を高く売る方法は?岐阜県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

岐阜県にある着物買取店一覧

店舗名住所
お福・リサイクル着物岐阜県岐阜市島栄町1丁目16−1
藤井商店岐阜県羽島市福寿町平方1丁目23
こけもも岐阜県大垣市築捨町2丁目
ことぶき岐阜県大垣市5丁目63−7
イワタ質店岐阜県羽島郡岐南町八剣北6丁目75
渡辺質店岐阜県岐阜市東栄町2-14
椿庵岐阜県岐阜市日ノ出町2丁目8
たんす屋NEXT岐阜高島屋店岐阜県岐阜市日ノ出町2-25 岐阜高島屋10F
おたから屋 加納城東店岐阜県岐阜市東明見町11番地エレガンシア21 1F
キングファミリー 岐阜柳津店岐阜県岐阜市柳津町東塚4-1
ベストフレンド岐阜可児店岐阜県可児市広見2426-1
ベストフレンド岐阜多治見店岐阜県多治見市金岡町3丁目79-3
ベストフレンド大垣店岐阜県大垣市三塚町1091 兵頭ビル1F

岐阜県が産地の織物・染物

郡上紬(ぐじょうつむぎ)

郡上紬

岐阜県の八幡地方が産地の織物です。

経糸には節糸の玉繭が使われ、緯糸には春繭から採った本真綿の手紡ぎ糸を使い、すべて手織りによって織られます。

どこか温かみがあり、着れば着るほど着心地が良くなると言われるほどですが元は郡上織と呼ばれる自家用の織物でした。

一時はなくなってしまいそうだった郡上紬ですが、人間国宝 宗廣力三氏の力で再生し新たな技法が生まれました。

郡上紬は草木染による素朴な色合いと光沢が特徴ですが特に宗廣力三氏が開発した「どぼんこ染」によるボカシは非常に美しいです。

どぼんこ染めは染料液に糸を垂直に入れ、糸の繊維が染料を吸い上げる力を利用した染め方です。
糸を引き上げたり染料を減らしたりといった調整を行う事で美しいボカシを生み出します。

高山憲法染小紋(たかやまけんぽうぞめこもん)

高山憲法染小紋岐阜県高山市が産地の染物です。

松煙墨を用いた少し茶がかった黒染が特徴です。

宮本武蔵が決闘した事で有名な「吉岡一門」の吉岡憲法が広めたと言われており憲法染、憲法黒と呼ばれていました。

元は足利家、その後は豊臣秀吉に士官していた吉岡一門は徳川家康に与することを良しとせず家業の剣術を捨て染色で生計を立てるようになったとされています。

京都で絶えた憲法染めが伝わったという説や、明出身の李三官という人物が伝えたなど、その起源は諸説ありますが定かではありません。

現在は染めの技術も途絶えてしまっています。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.