着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

愛知で着物を高く売る方法は?愛知県の着物買取店情報

投稿日:2016年7月26日 更新日:

愛知県にある着物買取店一覧

大福屋

大福屋

大福やは愛知県名古屋市と大阪府大阪市に店舗を構える、呉服和装衣類の総合販売店です。名古屋の店舗は着物・和服・呉服・洋服店が立ち並ぶ、中区大須の万松寺通り商店街にあり、新品着物、リサイクル着物、振袖・留袖・訪問着・色無地・小紋・紬・男着物・帯・浴衣、七五三着物の他、各種和装小物と、着物に関するものならほとんど取り扱っています。

店舗の3階できもの市を開催したり、レンタル流れ品の取扱いを行なっていたりなど、全国でも有数規模の大きさのお店と言えそうです。

買取方法 店頭買取、下取り
住所 愛知県名古屋市中区大須3-37-13
電話番号 052-241-5588
FAX 052-241-5714
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週火曜日
備考

美彩屋

美彩屋

美彩屋は名古屋市北区にある高級呉服の買取専門店です。創業90年の着物の卸問屋が運営している買取店なので、着物の査定に関する腕は確かなものでしょう。着物、帯、反物、和装小物はもちろん、毛皮、宝石、茶道具などの買取も行なっています。

買取方法 店舗買取
出張買取
住所 愛知県名古屋市北区彩紅橋通1-5
電話番号 0120-02-3733
FAX 052-910-3736
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜(出張買取は土日も対応)
備考 査定料、出張費、キャンセル量は無料
出張エリア: 愛知県内、名古屋市内全域

中野呉服店

中野呉服店

中野呉服店は名古屋市中区、万松通り商店街の中にある呉服店です。創業50年で、お店に看板犬がいるちょっと変わった呉服店です。

買取方法 店頭買取
住所 愛知県名古屋市中区大須3-37-9
電話番号 052-241-2071
FAX 052-241-2071
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は、水曜日に振替)
備考

R88

R88

R88は名古屋市中区にある骨董品買取専門店です。骨董品、古美術の扱いがメインですが、着物、昭和レトロの買取も行なっています。愛知県内だけでなく、岐阜県、三重県、静岡県、滋賀県の一部地域にも出張買取を行なってくれます。遺品整理など、着物だけでなく価値のありそうな陶器や掛軸をまとめて買取して欲しい場合におすすめです。

買取方法 出張買取
住所 愛知県名古屋市中川区草平町1丁目57-2
電話番号 052-737-5959
FAX -
営業時間 8:00~22:00(電話受付)
定休日 年中無休
備考 ■ 出張エリア
愛知県
名古屋市内、岡崎市、春日井市、小牧市、瀬戸市、豊田市、
豊橋市、豊川市、尾張旭市、江南市、尾西市、清須市、稲沢市、
愛西市、津島市、弥富市、岩倉市、日進市、豊明市、大府市、
安城市、知立市、刈谷市、碧南市、西尾市、高浜市、東海市、
瀬戸市、知多市、常滑市、半田市、知多郡、愛知郡、海部郡、犬山市

岐阜県

岐阜市、各務原市、関市、美濃市、美濃加茂市、山県市、可児市、
羽島市、瑞穂市、本巣市、揖斐郡、不破郡、大垣市、養老郡、恵那市、
海津市、郡上市、多治見市、土岐市、中津川市、瑞浪市、可児郡、羽島郡、安八郡

三重県
津市、いなべ市、桑名市、四日市市、亀山市、鈴鹿市、松阪市、久居市、
三重郡、安芸郡、員弁郡

静岡県
浜松市、磐田市、袋井市

滋賀県
長浜市、彦根市、近江八幡市

南天美術

南天美術

南天美術は名古屋市南区にある骨董、古美術、工芸品の出張買取点です。陶器やお茶道具、掛軸といった骨董品がメインの取扱いですが、着物の買い取りも行なっています。出張買取は愛知県内だけでなく、岐阜県、三重県の一部地域にも対応してくれます。

買取方法 出張買取
住所 愛知県名古屋市南区中割町2-23 3F
電話番号 052-880-3475
FAX -
営業時間 8:30~21:00(電話受付)
定休日 -
備考 ■ 出張エリア

愛知県全域

岐阜県
岐阜市・大垣市・瑞穂市・羽島市・各務原市・関市・美濃市・瑞浪市
美濃加茂市・土岐市・多治見市・可児市・山県市・郡上市・海津市
養老町・不破郡・安八町・揖斐川町・本巣市・加茂郡・大野町

三重県
桑名市・いなべ市・木曽岬町・東員町・四日市市・菰野町・朝日町・川越町

きもの・骨董・古道具の買取 みらいき

みらいき

みらいきは碧南市にある、きもの・骨董・古道具の出張買取専門店です。主に西三河、知多半島を中心に自宅訪問の査定買取を行なっています。ダイヤル電話やランタンなど昭和アンティークの買取も積極的に行っているので、古いものが手元にあるなら捨ててしまうまえに、一度査定をお願いすると良いでしょう。

買取方法 出張買取
住所 愛知県碧南市栄町4-37
電話番号 0120-221-418
0566-46-1418
FAX -
営業時間 -
定休日 -
備考 ■ 出張エリア
名古屋市全域西三河
碧南市・西尾市(吉良町・一色町・幡豆町)・安城市・刈谷市
知立市・高浜市・豊田市・岡崎市・幸田町・みよし市(三好町)

知多
半田市・常滑市・知多市・阿久比町・東浦町・武豊町・美浜町・南知多町

東三河
蒲郡市・豊川市(小坂井町)・豊橋市

八番館

八番館

八番館は春日井市にあるリサイクルショップです。リサイクルショップなので様々なものを扱っていますが、普通のリサイクルショップと比べ、比較的着物の買取にも力をいれていて、店舗には常時1万点以上の着物を揃えています。

買取方法 店舗買取
出張買取
住所 愛知県春日井市鳥居松町4-10
電話番号 0568-84-3031
FAX -
営業時間 10:00〜19:30
定休日 木曜日
備考 査定料、出張費無料

たんす屋

たんす屋

たんす屋は日本一の店舗数をほこる着物リユースショップです。全国様々な場所に店舗がありますが、愛知県内には、名古屋市に2軒、豊橋市に1軒店舗があります。アクセスも良く大手なので安心して利用できますね。

買取方法 店頭買取
出張買取
宅配買取
住所 【名古屋丸栄店】愛知県名古屋市中区栄3丁目3-1 丸榮8F
【名古屋大須店】愛知県名古屋市中区大須3-34-1 1階B号
【豊橋カルミア店】愛知県豊橋市花田町西宿無番地 豊橋カルミア3F
電話番号 【名古屋丸栄店】052-264-6072
【名古屋大須店】052-252-5291
【豊橋カルミア店】0532-52-5291
FAX -
営業時間 【名古屋丸栄店】10:00〜19:00
【名古屋大須店】11:00〜20:00
【豊橋カルミア店】10:00〜20:00
定休日 -
備考 出張料・査定料無料
キャンセルOK
クーリングオフOK

ながもち屋

ながもち屋

ながもち屋は全国に店舗のある着物リサクルショップです。愛知県内には名古屋市中区、松坂屋に店舗があります。買取ではなく主に委託販売を行なっており、販売額の50%の手数料で代理販売を行なってくれます。

買取方法 委託販売
住所 愛知県名古屋市中区栄3-16-1
電話番号 052-264-2524
FAX -
営業時間 10:00〜19:30
定休日 -
備考 委託手数料 50%

愛知県内の着物買取店の住所一覧

店舗名住所
美彩屋愛知県名古屋市北区彩紅橋通1-5
R88愛知県名古屋市中川区草平町1-57-2
大福屋名古屋店愛知県名古屋市中区大須3-37-13
きもの出張買取いとう愛知県春日井市気噴町5丁目10−7
八番館愛知県春日井市鳥居松町4丁目10
中野呉服店愛知県名古屋市中区大須3丁目37番9号
南天美術愛知県名古屋市南区中割町2-23
きもの古道具買取専門みらいき愛知県碧南市栄町4丁目37
きもの・こづち愛知県西尾市永吉町652−1
アウトレット着物みのや愛知県豊橋市大橋通3丁目9
万や小町愛知県豊橋市八町通り5丁目57-2
たんす屋名古屋丸栄店愛知県名古屋市中区栄3丁目3-1 丸榮8F
たんす屋名古屋大須店愛知県名古屋市中区大須3-34-1 1階B号
たんす屋豊橋カルミア店愛知県豊橋市花田町西宿無番地 豊橋カルミア3F
ながもち屋 松坂屋名古屋店 本館8階愛知県名古屋市中区栄3-16-1
おたから屋 名古屋丸の内店愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4EXE丸の内 4階
おたから屋 豊橋新栄店愛知県豊橋市新栄町字新田中62-1フラワーヒル1階
おたから屋 名古屋栄店愛知県名古屋市中区栄4丁目16-24メーゾンオザワビル3階
おたから屋 名古屋中川店愛知県名古屋市中川区上高畑2丁目88番地
おたから屋 一宮店愛知県一宮市花池4丁目24ー12
おたから屋 西春店愛知県北名古屋市九之坪竹田166
おたから屋 豊明店愛知県豊明市新田町吉池16-27
おたから屋 長久手店愛知県長久手市鴨田204
おたから屋 名古屋緑店愛知県名古屋市緑区平手北1丁目923サンライズ平手103
おたから屋 岡崎城南店愛知県岡崎市城南町1-1-1ジョイフル本田1F
おたから屋 上小田井店愛知県名古屋市西区貴生町23-4イタリアン第九平松ビル2C
おたから屋 トヨタ店愛知県豊田市浄水町伊保原298-5スクエアステージ1F西側
おたから屋 三河安城店愛知県安城市三河安城本町1丁目21番地1マーククレア101
おたから屋 刈谷店愛知県刈谷市桜町1-36
おたから屋 名古屋鶴舞店愛知県名古屋市中区千代田3丁目11-12麦島第2ビル 3F301
おたから屋 名古屋名東店愛知県名古屋市名東区大針3丁目5シャンポール大針Ⅱ 1-C
おたから屋 桜本町店愛知県名古屋市南区鳥栖1丁目1-28
おたから屋 名駅店愛知県名古屋市中村区名駅2-44-5第2メビウス名古屋2F
おたから屋 春見店愛知県春日井市春見町66春見ハイツA棟101
キングファミリー 美和店愛知県あま市篠田南長無17-1
キングファミリー 三河安城店愛知県安城市緑町1丁目25番地ノ1TOCOビル1階
キングファミリー 岡崎南公園店愛知県岡崎市若松町字横手8-1-1
キングファミリー 豊橋神ノ輪店愛知県豊橋市神ノ輪町63
キングファミリー 豊橋赤岩店愛知県豊橋市東田町字井原9-1
キングファミリー 名古屋緑店愛知県名古屋市緑区滝ノ水4-2408買取王国緑店1F
ベストフレンド春日井店愛知県春日井市八田町8-3-1ソレールビル1F
ベストフレンド名古屋一宮店愛知県一宮市妙興寺2丁目2-17
ベストフレンド北名古屋店愛知県北名古屋市西之保深坪6番地 K.Sマンション102
ベストフレンド名古屋荒畑店愛知県名古屋市昭和区御器所3丁目10-3
ベストフレンド名古屋江南駅前店愛知県江南市古知野町朝日143 駅前第一ビル106

愛知県が産地の着物

有松・鳴海絞り(ありまつ・なるみしぼり)

有松・鳴海絞り

有松・鳴海絞りは愛知県名古屋市が産地の染物です。

主にゆかた地として利用される木綿絞りで熟練した技術で生み出される多様な柄が特徴です。

絞りの手法は多岐にわたり、三浦絞り、鹿の子絞り、巻上絞り、竜巻絞り、柳絞り、蜘蛛絞り、嵐絞り、筋絞りなど挙げだすとキリがないほどです。

絞りの工程は全て分業、手作業で行われ同じ柄でも絞る人の力加減で柄が微妙に違ってくるのも魅力の一つです。

こうした絞りの元となったのは竹田庄九郎が三河木綿に豆絞り施した手ぬぐいを作り、東海道を往来する旅人へお土産として売り出したのが始まりといわれています。

その後、幕府に鳴海絞りの手綱を献上したところから名が知られるようになりました。

また、有松・鳴海地方は有名な街道筋の宿場であったため、この地に宿泊した武士たちが各地へ手土産として持ち帰った事も全国にその名を広げるキッカケになったと言われています。

名古屋友禅(なごやゆうぜん)

名古屋友禅

名古屋友禅愛知県名古屋市を中心に、春日井市、西尾市、西春日井郡が産地の友禅染です。

京都や江戸から友禅紙が往来し伝えられたのが始まりで、手描友禅と型友禅の他、黒門付け染めが行われています。
尾張は華やかさを好む文化だったこともあって、当時は他の友禅染のように豪華なものが主流でしたが、江戸後期に質素倹約の令が出た事により、淡彩色を中心としたものに移り変わっていきました。

この様に現在では色数が少なく1つの色の濃淡で図を描くのが特徴で、他の友禅の様な派手で絢爛豪華なイメージではなく、独特な渋さが人気です。
特に留袖の黒には「トロ引黒染」により、深みのある美しい黒が生み出され、これらが名古屋友禅の特徴づけるものとなっています。

近年は名古屋友禅黒紋付協同組合連合会が設立され、伝統工芸品の指定も受け、技術の伝承が行われています。

知多木綿(ちたもめん)

知多木綿

愛知県知多市が産地の木綿織物です。

知多は昭和時代に松阪、先週と並び日本三大綿織物生産地と呼ばれるほど、綿織物が盛んな地域で古くは江戸に木綿を産出している量は日本一とも言われていました。

江戸初期には綿の繊維そのままの生白木綿(きじろもめん)として、伊勢に送られ「伊勢晒(さらし)」、「松坂晒」用の生地として用いられていました。

しかし、生白木綿は完成品ではなく価格も高くは売れなかったため、中島七右衛門らが晒技術を導入し直接晒の生産を行うようになり、これが「知多晒」として名を馳せる様になりました。

知多は耕地として利用出来る土地が少なく、農家の副業として妻子が行える事もその発展を後押ししました。
売るためのものはもちろん、自家用として「家織り」と呼ばれる藍染木綿も織られていたため、「機を織れないものは、嫁に行けぬ」と言われるほど当時は重要視されていました。

三河木綿(みかわもめん)

三河木綿

愛知県三河地方が産地の木綿織物です。

その始まりは現在の西尾市に漂着したインド人が持っていた綿の種が始まりだったと書物に記されています。

安土桃山時代には三河木綿の名で年貢として納められていた記録もあり、織物自体も古くから行われ名を知られていたと考えられています。

江戸時代になると更に綿の栽培、織物ともに盛んになり、「三白木綿」として知られ、明治時代には「三河木綿」「三河縞」の名で全国的に知られるようになりました。

生地が厚手で凹凸があり、耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れいたため、江戸では火消しの着物として重宝していたそうです。

愛知県の着物買取体験談

振袖

名古屋市 とらねこさん 買取額: 3万円

成人式用の着物として両親が購入してくれた振袖です。落ち着いた赤色と古典柄が気に入り、着物が好きな母と私で選びました。購入したのは27年前で38万円でした。今見ても、古さを感じない素敵な柄いきの着物だと思います。この着物には母がお嫁入りの時に持ってきた帯を使いました。派手さを感じさせない落ち着いた柄や色なので、帯揚げ、帯締め、伊達襟は綺麗な黄緑色のものをコーディネートしました。半襟は白地にピンク色の桜が刺繍された物を使い、清楚な感じにしました。

振袖として結婚式に着ていきましたが、大学の卒業式の時にも袴と合わせて着ました。他の人と同じにならないので、振袖の他の使い方として一考の価値ありです。着物は27年前のものですが、しみ一つありません。保存の仕方は、使用後、汚れがないか確認し、2日程度、室内で陰干しをしました。その後、自分が結婚し、着る機会がなくなってから、着物のクリーニングに出しました。クリーニングの効果は抜群で、思いもよらないところに、染みが…と落ち込むことはありません。少しお金はかかりますが、私はおすすめします。

保管は桐の箪笥の中に大切にしまってありました。私には娘がいるので、娘が気に入ったら、成人式で着て貰いたいと思っていたのですが、娘の方が体も大きくサイズアウトしてしまったため、売ることにしました。

-

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.