着物を高く売るならここ!おすすめ着物買取店ランキング

買取なでしこ

買取

ポリエステルや虫食い、汚れ。買い取りが難しい着物にはどんなものがある?

投稿日:

着物はデリケートなため、正しく手入れをしていないと時間が立つにつれ傷みが酷くなります。着用するものですからある程度の汚れは仕方ありませんが、着物の状態以外にも素材、種類によっては買い取ってもらえないものがあります。また、たとえ買い取りしてもらえるとしても安い値段になってしまう事が多いです。

では、どの様な着物は評価が悪いなってしまうのでしょうか?一つ一つ見てみましょう。

ひどい汚れ、汗染み、カビ、変色、シワ、色焼けなどがある着物

少しくらいで有れば問題ありませんが、汚れ、汗染み、カビは着物の評価をさげる原因でも良くあるものです。着物を売ろうと思う人は大体タンスに長年しまって、普段は着ていないという人が多いでしょう。

綺麗に洗って乾燥剤を入れた上でしまっておくなど、管理をしっかりしていれば問題ありません。しかし、そのまましまっておいたせいで、気づいたらカビが生えていた、汗染みがひどくなっていたという事があります。

ベンジンを使って汚れを取るという方法もありますが、正絹は非常にデリケートで簡単に水染みが出来たり、ちょっとこすると白っぽくなったりしてしまいます。

白洋舎などで着物のクリーニングを行なった上で売るといった方法も検討してみましょう。

虫食い、穴がある着物

タンスにしまっている間に良くあるのが虫食いです。ウールの着物の方が絹よりも虫食いが起きやすいと言われていますが、正絹の着物でも普通に虫食いが起きる可能性はあります。

穴が空いてしまうと価値はかなり下がってしまいます。「かけはぎ」と呼ばれる修理方法もありますが、見る人が見ればわかってしまいます。

もちろん程度にもよりますが、金額次第では自分でかけはぎに出した上で査定してもらった方が結果的に得する事もあるでしょう。

ウール、ポリエステルの着物

ウールポリエステルで出来た着物は安価で量産される着物がほとんどです。そのため、元々の値段も安く専門店では始めから買い取りを拒否してる所も多いです。

一方で、自宅で洗える点や安いからこそ気軽に着れるといった特徴もあるため、リサイクル着物として積極的に取り扱っているお店もあります。そのため、売る場所さえ選べば十分買い取り可能な着物と言えます。

素材としては軽視されがちですが、丈夫で暖かくシワにもなりにくいため、着物として人気がないというわけでは決してありません。

喪服

喪服も買い取りが難しい着物の1つです。これは単に着る機会が少なく需要が少ないためです。近年は喪服のレンタルサービスもたくさんあるため、わざわざ買う人も少ないでしょう。

また、喪服でもしっかりしたものは家紋が入っているため、買い取りしづらいというケースもあります。

肌襦袢

肌襦袢下着に近い扱いなので買い取ってもらえないことも多いです。極端な例え方をすれば、人が履いたパンツを履きたいと思う人はいませんよね?それと同じ事と考えれば良いでしょう。

サイズが小さすぎる着物

特にアンティーク着物と呼ばれる明治〜昭和初期に作られた着物にある事ですが、当時の日本人は今より平均身長がかなり低かったために平均してサイズが小さいものが多いです。

サイズが小さすぎると当然売れる可能性も低くなるため、査定額が下がる可能性が高くなってしまいます。

-買取

Copyright© 買取なでしこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.